DPP_0031.JPG

オーナーシェフ 目黒栄治

和菓子店の三男として生まれる。日本で最初のフランス人パティシエ、アンドレ・ルコント* によるフランス菓子専門店、東京・六本木の「ルコント」で修業を積み、1976年宮城県仙台市にガトーめぐろを開業。

2016年まで10年間、宮城県洋菓子協会 会長を務める
現在 宮城県洋菓子協会相談役
社団法人 日本洋菓子協会連合会 常務理事
日本洋菓子工業協同組合 理事
宮城県調理師専門学校 講師

LinkIconアンドレ・ルコントについて

ガトーめぐろの歴史

1976年仙台・二日町にオープン。仙台で初の本格的なフランス菓子を広め、東北でも草分け的なパティスリーとなる。
1994年に工場を併設した東仙台店をオープン。


品質へのこだわり

素材

生クリーム、バター、チョコレートなど全ての原材料に最高級ランクのものをセレクトしています。フルーツはシェフ自ら市場へ行き最も美味しいものを仕入れます。ピュレひとつとっても全て自家製です。

技術

食感のコントラストを意識したタルトや、繊細な飾り付けのムース。ガト-めぐろのケーキはパティシエの高度な技術をもって完成します。味・食感・デザイン多様なラインナップから選べる楽しさのため、圧倒的な種類の多さを保ちながら、完成度の高さを保つ努力をしています。